トレビ修道院金糸刺繍16_サイズ変更

修復されたケープ 1700年代のケープの刺繍の傷みが深刻になり修復依頼がありました。持ち主の教会内に修復できる人がいなくなったのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です