沖縄(琉球絣・花織・紅型)

グアテマラで初めて出会った「絣織り(IKAT)」に導かれ、起源と言われるインドから「絣織り伝播の道」をインドネシア・タイ・ラオス・カンボジア・ベトナムとめぐりましたが、その終点である日本の入り口の沖縄を訪れました。

14〜15世紀(約500年前)の琉球王国は東南アジア・中国と盛んに交易を行い、その交流により織りと染の技術を学び、沖縄各地に多様な琉球織物が発達してきました。

沖縄本島(南部、中部、北部)と他島(石垣島、宮古島、久米島など)の全てをまわるには相当の日数が必要ですので、今回は那覇郊外の南風原町(はえばる)と首里城の近くの染織工房を訪問することとし、空港近くの紅型工房も訪問することにしました。

南風原(はえばる)は琉球王府時代から絣の主生産地としてしられ、現在でも数十軒の機屋があり年間3000反以上の生産量を誇っています。その特色は分業による価格競争力にあり、図案・絣のくくり・染色・織り・仕上げの工程をそれぞれの専門家が行っています。また絣の他に花織も織られています。

丸正織物工房

三代目ご当主の大城幸司さんにご案内いただきました。大城幸司さんは明治大学政治経済学部卒業後、3年間服飾業界で働いた後、2009年祖父母が営む丸正織物工房で働き、絣反物の生産者が減少していく中、伝統にこだわり古典的なかすり柄を得意とする工房の三代目として頑張っていらっしゃいます。名刺には布人 大城幸司とありました。布人(ヌヌサアア)とは布職人の意味で沖縄の織物にかける情熱と矜持を感じます。工房見学の後、居間に通していただき作品を一点一点解説していただきながら色々なお話を伺うことができ大変勉強になりました。翌日訪問した知念紅型研究所工房の知念冬馬さんから、紅型の生地を大城幸司さんから仕入れていることや大城さんの人柄についてのお話を伺い、沖縄の織物・染物を支える若い方々の強い絆を感じました。

クリックすると拡大表示され、→で次の写真、←で前の写真、☓で終了します

大城廣四郎工房

三代目ご当主の大城一夫さんに工房をご案内いただきました。大変大きな工房で一階では絣括りと糸染め、二階では機織りが行われており、糸の絞りと染色から機織りまでの作業工程を詳しく見学することができました。工房を訪問する前に丁度開催されていた沖縄県立博物館の特別展「沖縄の藍」でご子息の大城拓也さんの「琉球本藍デニム」の作品を拝見しました。お父様の工房で働きながらご自分の工房「ぬぬ工房」をはじめ、木綿を藍染めし斜文織りした「琉球本藍デニム」を開発し、東京のセレクトショップや有名ブランドとのコラボレーションなど着物以外のマーケットへ参入しています。伝統を守る三代目の父と、伝統を守りつつ新しい分野に挑戦する四代目の息子、「デニムなんぞをやっているですよ」と微笑みながら言葉少なく息子を語る父、沖縄の織物文化が着実に受け継がれていることを感じました。

クリックすると拡大表示され、→で次の写真、←で前の写真、☓で終了します

那覇伝統織物事業協同組合(首里織)

理事で研修講師を担当されている山城有希子さんにご案内いただきました。首里織の特色は分業制をとらず図案・絣のくくり・染色・織り・仕上げの全工程を一人で行うことです。会員は個人事業主として自宅を工房として制作にあたっている方が大半のようです。組合は協同作業場の提供と会員の研修を行っており、研修生を公募し初級9ヶ月+中級9ヶ月の育成事業を行っていました。首里織には絣・花倉織・花織・道屯織・ミンサー織の5つの技法があり、中でも花倉織は最も格調高く高度な技法が必要で王家や貴族専用だったそうです。

クリックすると拡大表示され、→で次の写真、←で前の写真、☓で終了します

知念紅型研究所工房

琉球紅型は15世紀の琉球王朝時代の交易を通じて伝来した、中国やインド、ジャワの更紗などの染色技術をもとに生まれたと言われています。紅型には「沢岻家」「知念家」「城間家」の三宗家がありましたが現在でも制作を続けているのは「知念家」「城間家」の二家です。
今回は空港の近くの知念紅型研究所工房を訪問しまし10代目ご当主の知念冬馬さんにご案内いただきました。知念冬馬さんはかつての琉球王家お抱え紅型三宗家の知念家に生まれ、17歳より祖父である知念貞男氏のもとで紅型作りに従事し、10代後半から京都や大阪、イタリア・ミラノでグラフィックデザインを学び、22歳で知念家十代目びんがた七代目として伝統的技術を継承し工房を引き継がれました。

デザインを考え下絵を作成し型紙を切り出す作業(型彫り)は冬馬さんが担当です。型紙は紅型の命と言われいますが戦前のものはほとんど沖縄戦で消失してしまったそうです。

染める作業は工房のスタッフが担当です。生地に型紙で柄(デザイン)を糊で転写(型附け)し、その上に染料ではなく顔料で彩色(色差し)をした後に「隈取り」というぼかし染をするのが紅型の特色です。彩色した部分に防染糊をぬり(糊伏せ)白地の部分を染料で地染めし、水洗いして防染糊や余分な顔料や染料を落とし、洗った生地を張り出して乾燥させ、​湯のしをかけたら完成です。

色差し・熊取り・糊伏せという工程は大変手間がかかり気が遠くなるほどですが、その段階ではさして美しいとは思えませんでした。しかし水洗いした完成品は驚くほど美しく変身します。顔料による彩度の高い美しい色、隈取によるぼかし染のグラデーシヨン、世界一美しいと言われるのも言い過ぎではないと思いました。

クリックすると拡大表示され、→で次の写真、←で前の写真、☓で終了します

終わりに

絣織りは先染めした糸を織ることで布地に柄を表現する織り方でインドを源流として世界中に広まっています。「たて糸絣」「よこ糸絣」「たてよこ糸絣(ダブルイカット)」の三種類がありますが、海外の絣工房を回っているとき、「たて糸絣」か「よこ糸絣」のどちらかが一般的で「たてよこ糸絣(ダブルイカット)」はあまりにも技術的に高度で複雑なためインド・グジャラート州パタンのパトラ織とインドネシア・バリ島トゥガナン村のグリシン織の二つしかないと聞かされていました。しかし沖縄の絣はたてよこ糸絣(ダブルイカット)が一般的であることを知りびっくりしました。日本の絣は世界最高水準だったのです。

伝統的な手織りや染色の伝統は服装文化の変化と機械化に押され世界的に衰退の道を歩んでいます。その中にあって沖縄では大勢の若い方々により伝統文化が伝承され現代のマーケットに合わせた進歩を遂げていることに感動いたしました。

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、本土から来た老夫婦を温かく出迎えていただき、丁寧にご案内いただいた沖縄の皆様に心より感謝いたしております。

動画もご覧ください