フォトアルバム3

世界の手仕事を訪ねる旅2 World Trip for Hand Craft No2

その後世界のいろいろな刺繍を学ぶこととなり、その刺繍の現地に行きたくなりました。まづはカローチャ刺繍を求めてハンガリへ、アッシジ刺繍を求めてイタリアへ、ハーダンガー刺繍を求めてノルウェーへ、ハンガリー系刺繍を求めてルーマニアと再度ハンガリーへ、シュバルム刺繍を求めてドイツへ、ブティ(フランスキルト)を求めて南仏へと更に旅を続けています。インドで見たウッドプリントがフランスに伝わったり、イタリアやベトナムで見たジャガード式半自動織機のオリジンをフランスのリヨンで見たり、技術が世界的に伝播していった形跡を発見するのも楽しいことです。