カンボジア(2007)

アンコール・トム Angkor Thom

アンコール・ワット Angkor Wat

アプサラダンス Apsara Dance

アンコール・ワットの日の出 Sunrise of Angkor Wat

ヤシ砂糖作り Palm Sugar making

バンテアイ・スレイ Banteay Srei

タ・ブローム Ta Prohm

タ・ケウ Ta Keo

プノン・バケンの丘の夕日 Sunset og Phnom Bakheng

クメール伝統織物研究所 Institute for Khmer Traditional Textiles

かつて京都の手描き友禅作家だった日本人の森本喜久雄氏により設立され、カンボジアで伝統織物の復興と活性化に取り組んでいる。

アーティザン・ダンコール/シルクファーム  Artisans D’Angkor/Silk Farm

シェムリアップの町の南側にある伝統工芸品の技術学校。石仏や木彫り、細工を施した木製の小物など、若い男女がカンボジアの伝統工芸品の作り方を真剣に学んでいる。学校の一角には生徒たちが作った製品を購入できるギャラリーもある。また、町の西約15kmの所にはシルク製品の技術学校、シルクファームもあり、蚕の飼育から製糸、染め、機織りを経て製品ができあがる様子が見られる。

織物の村Phnom Grok  Village of textile

シェムリアップから70キロ、無舗装に近いでこぼこ道を車で2時間ほどいった織物の村。村はずれにポルポト政権時代に作られた巨大な人工湖がある。