グアテマラ 絣伝播の道を訪ねる

はじめに

中米のグアテマラを旅行したのは2005年、きっかけはシンプルなデザインの上着に豊かな色彩の刺繍を施したウイピル(貫頭衣)をご当地の女性が日常的に纏っている様子や制作の過程を拝見できたらという憧れと希望を持っていたからでした。その旅の途中でグアテマラ絣(かすり)に出会いました。絣は柄を先染めした糸を織ることで模様を表現する織物で、世界中で織られていますが、そのルーツがインドにあり、シルクロードを西はヨーロッパを経由して中南米、東は東南アジア諸国を経由して日本に伝わったことを知り、その後絣織り伝播の道を訪ねる旅を始めました。


現在、絣が織られている国々


グアテマラ以降に訪問した個所

 グアテマラは中央アメリカの国でメキシコの隣に位置しています。グアテマラについての詳しい知識はコーヒー生産地であるということ以外にほとんど持っていませんでした。ウイピルの美しさに惹かれ旅の計画を立てながら調べてわかってきたことは「先住民(マヤ族)の末裔と混血(メスチソ)が人口の大半を占め、今でも部落毎に異なる独特な色や柄の衣服を日常的に身につけて生活しており、緯度的には赤道に近く年間を通し常夏ですが今回訪問した都市は標高が高く日中20度前後と涼しく、夜間は寒いくらい。」と言うことぐらいでした。当時筆者はホノルル在住でした。限られた観光資料を持ちグアテマラ・レインボウーと称されるカラフルな衣装ウイピルを求めて、古都アンテイグアから最大の市場が立つチチカステナンゴや富士山のような美しい山に囲まれたアティトラン湖に行ってきました。

グアテマラの織物

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

グアテマラ・シティー

日本からもホノルルからも直行便はなくアメリカ本土かメキシコで乗り換え首都グアテマラ・シティーに入ります。治安が極めて悪く観光には不向きですが、イシチェル民族衣装博物館は必見です。「グアテマラ・レインボー」と評される色鮮やかな民族衣装や織物のコレクションが素晴らしくグアテマラ織物の全体像を知るのに最適です。https://museoixchel.com/home#/museum/

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

アンティグア

グアテマラ・シティーから車で1時間ほど、バスでカーブの続く山あいをしばらく走って行くとウィピルを着た女性がカゴを持ったりカラフルな布に荷物を包み背負いながら歩く風景が目に入ってきます。16世紀頃から約200年にわたってグアテマラの首都だった古都で世界遺産に登録されています。多数の教会、スペイン植民地時代の建築物や遺構、街並みや敷石の道など美しい街です。治安も比較的良く観光の拠点となっています。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

チチカステナンゴ

アンティグアから車で3時間、マヤのキチェ族のの文化が色濃く残る町、中央広場に木曜日と日曜日にマーケット(市)が開催され生活品や食料品だけでなく民芸品なども各地の村々から先住民の方々が売りに来て大変な賑わいです。カラフルな民族衣装の女性が溢れまさしくグアテマラ・レインボーの世界に興奮しました。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

アティトラン湖

「世界で一番美しい湖」と言われており、富士山に似た優美な三つのコニーデ型火山に囲まれた標高1560メートルのカルデラ湖です。湖をとりまく緑濃い外輪山には、色鮮やかな民族衣装とマヤの伝統文化が受け継がれる20以上のマヤの村々が散在しています。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

パナハッチェル

観光の拠点となる湖畔の町です。布地屋さんがありました。グアテマラらしい布地がたくさんありました。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

サンティアゴ・アティトラン

アティトラン湖で一番大きなマヤ・ツトゥヒル族の村。織物・刺繍・陶器など手芸が盛んで格子模様に花や鳥の刺繍文様がかわいい。細い帯をぐるぐると巻きつけた帽子も独特。金曜日に開かれるマーケットに合わせてパナハッチェルから船で行きました。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

マーケットの賑わいを離れ港に戻る途中に絣織りの工房がありました。驚いたことに絣糸のくくりから機織りまで全て子供が行っていたのです。話をしてみると小学校5年生の頃から手伝いを始めたとのこと。今は中学生。学校から帰るとここで仕事をしているそうです。片言の日本語 ありがとう、さよならを知っていました。誰が教えてくれたのかを尋ねるとご当地に援助に入っている人たちから学んだようです。宿泊したホテルの近くのレストランで食事をしていた時一人の日本人男性から話を聞くことができました。日本からのスタッフがここの女性たちの技術で制作した作品を正当な値段取引で市場に出せるよう、材料の仕入れから制作、販売そして売り上げを銀行へ入金。そのサイクルを指導されているとのことでした。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

パナハッツェル周辺の織物の村を訪ねました

サンタ・カタリーナ・パロポ

村ごとに異なる民族衣装のデザインのなかで、高い人気を誇る“青いウイピル”の村として知られています。伝統的なバックストラップ(後帯機)で織られていました。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

サン・アントニオ・パロポ

山の斜面に造られた町で、湖から山の中腹に掛けて建物が段々に建ち並んでいます。住民のほとんどがマヤの先住民族カクチケル族で深い青を基調に紫や赤の縦糸が織り込まれたウィピルを村の多くの女性が身に付けています

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

ソロラ

パナハッチェルから車で20分ほどのカクチケル族の町、火曜日と金曜日にマーケットが開かれます。縦縞を基調に細かい織りや縫い取りなどが施された衣装が見ごたえあり。民族衣装を着た男性も多い。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

ティカル

世界遺産のティカル遺跡を見に、車でグアテマラ・シティーへ戻り空路フローレスへ移動、更に車でティカルに行きました。ティカルは7世紀に繁栄し9世紀に消滅したマヤの遺跡です。密林の中に50以上の神殿ピラミッドが林立していました。第2神殿に登りテラスから第1神殿などを展望しました。

クリックすると拡大表示、→次の写真、←前の写真、X終了

動画版(12分48秒)

あとがき

近代化工業化の進展により伝統的織物産業が廃れてしまった国が多くなっていますが、グアテマラでは今でも盛んで、手織物の宝庫です。

グアテマラの北西部高原地帯は古代マヤの末裔で、およそ23の部族が1500年以上も続く伝統を守りながら暮らしています。織物の技術は、マヤの時代から親から子へと連綿と受け継がれ、現在でも老若男女、あらゆる人々が伝統的な織物を身に纏っています。

この地域の80あまりの村は、村ごとに独自の織物があり、衣服の形、色、模様など、それぞれの村ごとに個性のある織物は、驚くほどバラエティに富んでいます。

観光客の勝手な希望かもしれませんが、いつまでもこの麗しい服装文化・織物文化が続いてほしいと願っています。

追記:2005年に訪ねた際の村の人々はフレンドリーで大変親切に接してくれ大切な旅となりました。グアテマラのイシチエル民族衣装博物館でかすり織についての説明に目が留まり、それがきっかけとなり藍染やかすり織の旅を現在も続けています。工房に入れていただいて工芸・手芸を直に拝見させていただき、人々の暮らし方や精神性をリスペクトしてお会いするよう心がけています。 2022年1月記