白馬と上高地

迷走台風10号が日本上陸する日の朝8時に白馬に向けて大宮を出発しました。幸い風もほとんどなく小雨模様程度でしたので高速道路を順調に進み安曇野で昼食し午後2時に白馬東急ホテルに到着しました。

白馬

初めて利用するホテルでしたが、なかなか良いリゾートホテルで、落ち付いたロビー、設備のよい客室、お洒落なレストラン、そして本格的な露天風呂つき大浴場がありました。8月末とはいえまだ夏のピークシーズンだと思っていましたが完璧にオフで宿泊客も少なく、周囲のホテルやレストランも休業中が多いようでした。ひと風呂浴びて外へ出ると青空となっていましたので、ホテルの周りの和田野の森を1時間ほど散策しました。樅の木ホテルの横の「おおべいし橋」を渡って和田野の森に分け入り、木々につつまれ道を歩いていくとエポックホテルは休業していて閑散としていました。ホテルに隣接してミニトレインパークがありましたが残念ながら営業していませんでした。乗り場には本物の電車が置いてありミニSLのレールが縦横に敷設されておりびっくりです。子供つれには楽しい施設だとおもいました

上高地帝国ホテル

翌日は台風一過の晴天です。一路、上高地に向けて進むと左右の平野にはりんごがたわわになり、稲穂が波打ち、夏がおわり秋の風情です。風穴の里の道の駅でひと休みしたあと釜トンネルを通って赤屋根が青空に映える上高地帝国ホテルに11時半に到着しました。レストランでローストビーフのコース料理をいただきました。前菜は魚のテリーヌ、スープはかぼちゃの冷製、そしてメインのローストビーフはテーブルサイドでカーブしてサービスする本格的なものです。デザートは桃のゼリーそしてコーヒー、流石帝国ホテルです。味もサービスも完璧でした。

上高地散策

シャトルバスで大正池ホテルまで行き、大正池から河童橋まで散策しました。久しぶりに大正池に行きました。台風の翌日だったせいか観光客が以外と少なく静かな風景を楽しめました。焼岳が青空を背景にそびえ湖面には立ち枯れの木が突き出ています。半世紀も前の大学生の時にはじめて訪れた時のことを思い出しました。原生林を通り、木道を歩き、田代池に寄りました。ここは初めてです。浅い池で水が美しく印象的です。梓川沿いに河童橋に至ります。途中に上高地温泉ホテルなどの宿泊施設がありますがみな改築され綺麗になっていました。「昔は木造で山小屋のようなものだったな」などとつぶやいていました。梓川の辺りはすすきの穂がゆれて上高地はもう秋です。河童橋のたもとのカフェでアイスクリームとコーヒーをいただき、おみやげにアップルパイを買いました。河童橋からの穂高連峰は絶景でした。前回来た時は曇っていて山は麓しか見えなかったのですが、橋の上は観光客でいっぱいの銀座状態で最悪でした。今回は快晴で観光客も少なく、本来の上高地を満喫できました。上高地3時15分発・大宮着8時15分、流石につかれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です